容器の形状がとても大切|糖尿病の発症リスクを抑える|健康食品で栄養を摂取しよう

糖尿病の発症リスクを抑える|健康食品で栄養を摂取しよう

ウーマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

容器の形状がとても大切

コップ

アルミパウチが最高

水素水は濃度や価格はもちろん、どんな容器に詰められているのか、器の問題がとても大切です。水素水は分子が非常に小さいため、スムーズに吸収されます。ただ、分子が小さいために水素を容器の中にキープし続けるのが難しく、普通の容器では簡単に抜けてしまうのが弱点です。例えばペットボトルは密封状態でも隙間から水素が漏れやすいので、あまりおすすめできません。水素水の容器の中でも一番理想的とされるのは、アルミパウチです。アルミタイプはアルミパウチとアルミ缶がありますが、密封性を考えると断然パウチが優秀です。アルミ缶は水素水を充填し封をした時点で空気が入り込んでいるので、水素の抜けを避けられません。アルミパウチなら開封するまで高濃度を維持することができます。

容器によるメリットの違い

最高の水素水を撰ぶためにも、容器によるメリットの違いを把握しておきましょう。水素水探しのために欠かせない工夫の1つが、容器の情報を知ることです。例えば水素水の容器としてもっともふさわしくないのが、ペットボトルです。ペットボトルの分子は水素の分子よりも大きいため、蓋を閉めていても素材からどんどん水素が逃げてしまいます。開けやすい開封の仕組みも気になりますし、かさばるので持ち運ぶ時にも不便です。いくら値段が安くてもペットボトルタイプの水素水は避けましょう。アルミ缶はペットボトルよりはマシですが、缶内に空気が入り込むので充填後2時間から3時間後には大幅に水素濃度が薄くなってしまいます。総合的に考えてアルミパウチが一番水素を守りやすいので、濃度も重視して水素水を撰ぶならアルミパウチが最高の容器です。